豊栄仏壇は高級な塗に豪華な純金仕上げが特徴。 また、湿度の変化に強く、長持ちすると言われています。

 木地には良質の檜や欅、朴、姫小松、杉などを使い、 細かな彫刻や蒔絵を施し、金具を取り付けて完成。
  伝統工芸師の熟練した技で作られる豊栄仏壇は、良質な材料と 高度な加工技術、漆塗りや蒔絵の技法が一体となった美術的工芸品 仏壇として、荘厳かつ優美な輝きを放っています。


姫小松、杉、桧、欅、朴などを用い、 材をよく乾燥させ、くるいのない物を使用します。
砥の粉や漆サビなどを刷毛や木へらで盛り付ける下地造りを行い、下地漆など刷毛で塗り、塗装の初期工程に入ります。


銅板を用い、職人が彫って仕上げた金具を、台輪、柱、段などに打ち、取り付けます。


越後屋では、オリジナル(特注品)の仏壇も承っております。
お気軽にご相談下さい。